保湿

イソフラボンとヒゲの関係

最近は、男性も女性に負けないほどお洒落になりました。
流行りの服を着たり、美容院で髪をセットしたりという男性も珍しくはありません。
ただ、そういった男性の中には体毛の濃さを気にしている人もいるようです。
そこでおすすめなのが大豆イソフラボンです。

男性の体毛の中でも特に目立つのが、ヒゲです。
ヒゲが濃く、しかも伸びるのが早かったり、また青々とした髭剃り跡に悩んでいる人は意外と多いもの。
こういった人は大豆イソフラボンを試してみましょう。

大豆に含まれるこの成分は、女性にとって効果的であるとよく言われます。
実際、化粧水に利用されていたり、サプリメントとして市販されていたりします。
では何故、女性にとってこのイソフラボンは必要なのでしょう。

イソフラボンは構造的に女性ホルモンであるエストロゲンとよく似ているため、体内で女性ホルモンと同じような働きをします。
そのため、更年期障害などでエストロゲンが不足がちになってきた場合に、このイソフラボンを摂取すると更年期障害特有の辛い症状が緩和されるのです。

一方で、男性にはもちろん男性ホルモンが大きく作用しています。
骨や筋肉など男性の身体の成長にはこの男性ホルモンは欠かせません。
また、この男性ホルモンは体毛にも影響します。
男らしい体毛はこの作用によるものなのです。

もちろん、男性は男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンも体内で分泌しています。
ただ、バランス的に男性ホルモンのほうが強いため、男性は男性らしい身体になるわけです。
つまり、男性ホルモンの働きが強い人は、ヒゲが濃くなる傾向にあるわけです。
さて、そこへ女性ホルモンの割合を増やせばどうなるでしょう。
男性ホルモンの働きが女性ホルモンによって中和され、ヒゲが生えにくい体質になってくるのです。

ヒゲにお悩みの人は、イソフラボンを摂取することで男性ホルモンの活発化を抑え、ヒゲを薄くできるのです。
豆腐を食べるのもいいですし、サプリメントで補助的に摂取するのもいいでしょう。
イソフラボン入りの脱毛剤や抑毛ローションなども市販されています。
ぜひ、試してみてください。