保湿

イソフラボンの保湿効果とは

イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをすることで知られています。
その上、美白や保湿効果もあると言います。
スキンケア商品にも使われるくらいですから、その効果はお墨付きです。
では、この成分は何故美肌に効くのでしょう。

大豆に多く含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。
そのため、更年期障害などで女性ホルモンが不足がちな場合はとてもありがたい成分と言えるでしょう。
その上このイソフラボンの成分は、美肌にも大きく関係してくるのです。

加齢とともに、女性の体内では女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が落ちてきます。
エストロゲンの減少は、すなわちコラーゲンやヒアルロン酸の生成にも影響しますから、シミやシワが増える一因となります。

つまり、減ってきたエストロゲンの作用を補うのがこのイソフラボンなのです。
イソフラボンは、悪玉コレステロールの働きを抑えてくれます。
コレステロール値を抑制することで、サラサラの血液となり、その結果代謝がよくなるのです。
代謝がよくなると、肌のターンオーバーもよくなり、美肌へ繋がっていくのです。
またこちらのイソフラボンの効果的な摂取方法についても参考にご覧ください。

さらに、イソフラボンは活性酸素を除去してくれます。
活性酸素が活発になると、肌の老化が進みます。
肌の老化は保水力の低下を意味します。
このことにより、肌のハリや弾力がなくなるのです。
老化を抑制することで、保湿効果が保たれるというわけです。

このように、イソフラボンは体内のホルモンバランスを整え、代謝をよくする働きがあります。
それにより、身体の中から美肌効果が表れてくるのです。
若さを保つためには、保湿効果は見逃せません。
スキンケア商品なども上手く利用してください。
みなさんもイソフラボンで健康生活始めてみませんか。