保湿

おからから摂る方法について

イソフラボンは大豆食品に含まれていることは広く知られています。
大豆食品の代表格としては豆腐や豆乳が思い浮かぶでしょう。
ただ、見過ごしがちなのがおからです。
おからは大豆の搾りかすですが、栄養満点の食品なのです。
また気になるイソフラボン摂取時の注意事項イソフラボンの過剰摂取についても参考に是非ご覧ください。
おからは、豆腐を作る過程で出てきます。
まず大豆を水に浸し、それをジューサーなどですり潰します。
その後、加熱して濾すわけですが、濾したときにできる液体が豆乳で、残った個体のものがおからとなります。

おからは、昔からある食品ですが日頃あまり口にすることはありません。
どちらかというと、地味で脇役なイメージがあります。
現に多くのおからは産業廃棄物として処分されているのです。
しかし、おからはイソフラボンをはじめ、食物繊維やタンパク質、カルシウムなどが豊富に含まれています。

おからは油分が少なく、低カロリーですのでダイエット食品としては理想の食品です。
しかも栄養満点で満腹感も得られます。
これを料理に上手に取りこむことで、簡単にイソフラボンを摂取できるのです。

おから料理の定番としては、卯の花があります。
だしや醤油などで炒め煮するものです。
ただ、これだけだとすぐに厭きがきてしまいます。
では、どのような料理にこのおからが利用できるのでしょう。
おからは、いわゆるつなぎとして料理に使用できます。
例えば、ハンバーグ。
パン粉の代わりにおからをいれるだけです。
他にも、ドーナツやクッキーにもいれるといいでしょう。
小麦粉の量を減らすことができ、とてもヘルシーです。

おからには、脂肪の吸収を抑制する働きや、コレステロールを減らす作用があります。
他にも、もちろん女性ホルモンと似た働きをしてくれますし、骨粗鬆症にも効果がみられます。豆腐や豆乳でイソフラボンを摂るのもいいですが、おからの効用も見逃せません。

イソフラボンを含む食品は豆腐や豆乳だけではありません。
豆腐を作る過程でできる、おからにも含まれているのです。
おからは、利用方法によって様々な料理に応用できます。
栄養バランスの面からも、おからは優れた食品と言えるでしょう。
また女性必見。妊娠中のイソフラボンについての記事も参考にご覧ください。